住宅すまいWEB
ホーム / 住団連からのお知らせ / 平成12年度住宅金融公庫融資改善に関する要望
住団連からのお知らせ
  • 平成12年度住宅金融公庫融資改善に関する要望
  • 1.現行融資体制の維持
  • 無抽選に必要な融資戸数を確保するとともに政策金融として、低利かつ長期返済の貸付体制を維持する。
  • 2.現行基準金利の維持
  • 平成10年10月の基準金利2%が3回にわたって引き上げられており、政策的に現行の金利水準に据え置くものとする。
  • 3.段階金利制の見直し
  • 段階金利制の11年目以降の金利の見直しを図る。
    (現行:11年目以降は、下限4.00%)
  • 4.資金交付の早期化
  • 現行月2回設定されている資金交付日の見直しを行い、金融機関の全営業日とするなど資金交付のより迅速化を図る。
  • 5.加算制度の拡充
  • 1) はじめてマイホーム加算
    戸建住宅を融資対象とするとともに、適用地域を全国に拡大するほか、融資額を500万円に引き上げる。
  • 2) 特別加算
    政府の緊急経済対策により臨時的に引き上げられた特別加算の適用期限(平成12年3月31日)を2年間延長する。
  • 3) 生活空間倍増緊急加算
    政府の緊急経済対策により創設された生活空間倍増緊急加算の適用期限(平成12年3月31日)を2年間延長する。
  • 【加算制度の概要】
  • 1.はじめてマイホーム加算
  • 対 象: 三大都市圏
    要 件: マンション
    融資額: 300万円(1戸当たり)
  • 2.特別加算
  • 現 行 適用期限以降
    マイホーム建設  600万円
    分譲系住宅   1,000万円
    ※平成12年3月末まで
    マイホーム建設  350万円
    分譲系住宅    600万円
    ※平成12年4月以降
  • 3.生活空間倍増緊急加算
  •    分譲住宅(戸建住宅) 分譲住宅(共同住宅) マイホーム新築
    125m2以下 125m2 75m2以下 75m2 125m2以下 125m2
    三大都市圏 500万円 1,000万円 500万円 1,000万円 300万円 600万円
    地方圏 250万円 500万円 250万円 500万円 150万円 300万円
  • 平成12年度住宅関係税制・金融に関する要望
  • 平成12年度住宅関係税制に関する要望
  • 参考資料

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ