住宅すまいWEB
ホーム / 過去ログ一覧 / 過去の住団連からのお知らせ(平成18年度) /公開シンポジウム「豊かな住生活の実現に向けて」
過去の住団連からのお知らせ
  • 公開シンポジウム「豊かな住生活の実現に向けて」
     ―転換点にきた日本の住宅政策―開催のお知らせ
  • 社団法人 住宅生産団体連合会 (会長 和田 勇 積水ハウス株式会社代表取締役社長) では、平成18年10月17日 (火) に、住宅月間中央イベントの一環として公開シンポジウム「豊かな住生活の実現に向けて」を開催いたします。
    少子・高齢化、人口の減少社会が到来する中、わが国の住宅政策も大きな転換点を迎えております。今年6月には「住生活基本法」が成立し、住宅政策の基本理念が示されました。われわれ一人ひとりの問題として、今後の豊かな住生活の実現に向けて、生活者の立場からいろいろな提言をしていかなければならないと思います。そこで当シンポジウムでは、各界の著名人に今後の日本の住宅政策や消費税のあり方について提言・議論をしていただきます。皆様のご参加をお待ちいたしております。
  • 【開催概要】
日時 平成18年10月17日 (火) 13:30〜17:00
(受付開始は12:30〜)
会場 住宅金融公庫 すまい・るホール
(文京区後楽1-4-10)
主催 (社) 住団連・住宅月間中央イベント実行委員会
参加費 無料(先着250名)

◆ 1部 基調講演 見城 美枝子氏 『これからの社会と住宅・住環境』

◆ 2部 パネルディスカッション 『転換点にきた日本の住宅政策』

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ