住宅すまいWEB
ホーム / 住団連からのお知らせ / 冊子『What's200年住宅?住まいの長寿命化ってなぁに?」』の発刊について
住団連からのお知らせ
  • 冊子『 What's200年住宅?住まいの長寿命化ってなぁに?』の発刊について
  • 社団法人 住宅生産団体連合会(会長 和田 勇 積水ハウス株式会社代表取締役社長)では、冊子『What’s200年住宅?住まいの長寿命化ってなぁに?』が発刊の運びとなりましたので、公表いたします。 
    今、住宅業界に新しい風が吹いています。2006年6月住生活基本法が誕生し、2007年5月自由民主党住宅土地調査会より「200年住宅ビジョン」が提言されました。そこでは、“よい家をつくり、きちんと手入れし長く大切に使っていく”ことが提唱されています。
    住団連では、住宅の長寿命化のもたらす便益を、よく国民の皆様にご理解いただけるように、分りやすく図画化し、そのポイントをまとめた冊子を作成いたしました。
    (冊子の内容)
    今までの住まいと200年住宅の比較/200年住宅のヒミツ(住宅履歴書)/200年住宅3つのポイント/200年住宅のココが凄い/等  10月11日〜14日福岡市(会場;アクロス福岡)で開催される第19回住生活月間中央イベントにて配布されますが、広く住宅に携わる方々にもご活用いただきたく、実費にて頒布いたします。
  • ・体裁 :B5版 29ページ カラー刷り
  • ・価格 :一冊:210円 (消費税込み・送料別途)
  • 購入ご希望の方は、出版物のページをご利用下さい。
  • 平成19年9月19日

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ