住宅すまいWEB
ホーム / 住団連からのお知らせ / 「住宅の長寿命化と消費税」開催のお知らせ
住団連からのお知らせ
  • 「住宅の長寿命化と消費税」開催のお知らせ
  • 社団法人 住宅生産団体連合会(会長 和田 勇 積水ハウス株式会社代表取締役社長)では、平成 19年10月23日(火)に、住生活月間中央イベントの一環として公開シンポジウム「住宅の長寿命化と消費税」を開催いたします。
    住宅政策の最近の動きとして、昨年6月に住生活基本法が成立したのに続いて、住団連も政策提言参加した自民党住宅土地調査会の「200年住宅ビジョン」や、経済産業省では今後の住宅産のあり方研究会で長期耐用住宅ワーキングを設置など、さらに国土交通省では長寿命化住宅を視野に入れた来年度予算概算要求を作成、住宅の長寿命化を促進させる仕組みとしての税制や法案の立法化を図っています。 今回のシンポジウムは住宅の長寿命化を考えるにあたり先導的な役割を担った野城教授をはじめ、各方面で活躍している有識者の討論を通じて、長寿命化へと消費税の論及をしたく開催いたします。皆様のご参加をお待ちいたしております。

    【開催概要】
  • ◆日時:平成19年10月23日(火) 13:30〜16:30 (受付開始12:30〜)
  • ◆会場:住宅金融支援機構 すまい・るホール(文京区後楽1−4−10)
  • ◆主催:(社)住宅生産団体連合会・住生活月間中央イベント実行委員会
  • ◆参加費:無料(先着250名様)
  • ◆1部 基調講演 野城智也氏 『住宅の長寿命化による資産価値向上のために』
  • ◆2部 パネルディスカッション  『住宅の長寿命化と消費税』
  • ※詳細につきましては講習会ページをご参照下さい。
  • 平成19年9月28日
    社団法人 住宅生産団体連合会
    専務理事 浅 野  宏

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ