住宅すまいWEB
ホーム / ニュースリリース
ニュースリリース
  • 「住宅の長寿命化に係るアンケート」実施報告
  • (社)住宅生産団体連合会(会長 和田勇 積水ハウス(株)代表取締役会長)では、住宅の長寿命化の普及・啓発活動の一環として、ジャパンホーム&ビルディングショーへの来場者を対象に「住宅の長寿命化に係るアンケート」を実施し、調査結果を取りまとめましたので発表いたします。  このアンケートは、これからの住まいづくりにおいて、消費者が、住宅の長寿命化についてどの程度関心を持っているかの意識調査を行い、合わせて、近い将来議論される住宅に係る消費税に対する認識調査を実施いたしました。
  • 【主な調査概要】
  • <調査対象者>
    ジャパンホーム&ビルディングショー来場者
  • <調査方法>
    住団連展示ブースへの来場時にアンケートを依頼し、その場で直接記入していただき、回収した。
  • <調査回収状況>
    アンケート回収枚数 1,208枚
  • <調査日程>
    2008年11月12日 〜 11月14日
  •  <調査結果>  全体概要
  •  ・住宅の長寿命化への関心度は、「非常に関心がある」が50%、「関心がある」が48%と合わせて98%の方が極めて高い関心を示している。
  •  
  •  ・これからの住宅の利・活用期間について「50年程度」が40%で一番多いが、「100年以上」と「70年程度」を合わせると46%になり、全体の平均も、65.32年と、住宅の長寿命化への期待の大きさが推察される。
  •  ・住宅に係る消費税については、「軽減等の一定の考慮」、「消費税は課さないほうが良い」が89%と、圧倒的多数が再検討するべきとの認識を示した。
  •  
  • ジャパンホームショー2008「住宅の長寿命化」アンケート調査結果PDF
  •  
  • 平成21年1月30日

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ