住宅すまいWEB
ホーム / イベント・講習会 / 長期優良住宅に関する事業支援セミナー / 質問と回答

事業支援セミナー・出前講座の質問と回答

「長期優良住宅の認定要件と申請方法」に関する質問と回答

長期優良住宅に関する事業支援セミナー・出前講座に寄せられた質問と回答を掲載いたします。


  • 鉄筋コンクリートの場合、鉄筋のかぶり厚を現行法より+20mmとする必要があるのではないでしょうか?また、溶融亜鉛メッキ鋼材であれば、もっと長くもつのではないでしょうか?

  • 長期優良住宅の条件として、維持管理の共用排水管は等級3以上となっていますが、専有部分にPSがあるものが多いと思います。その際、管理規約に「専有部分の立ち入りを認める」条項が必要とのことですが、竣工後ですので条項が入るか、不安ですが問題ないでしょうか?

  • 品確法で、木造の場合の床倍率で床構造用合板24mm使用の場合、火打ちをいれなくともよいとなっていますが、長期優良住宅でもそうですか?

  • コンクリート基礎は、耐久性が100年程度ですが、200年は不可能と思われますが、どのように考えたらよいでしょう?

  • 長期優良住宅の認定基準の床下有効高さは、床パネルの下からの高さですか、大引きの下からの高さですか?

  • 配管のコンクリート埋設について、戸建てで駐車場の土間コンの下部に配管を通すことは不可でしょうか?

  • 維持保全計画は策定したが、その保全計画に対し、施主が有償工事を行わなかった場合、長期優良住宅としてどうなるのですか?

  • 構造躯体の劣化対策で、木造の場合、GLから1m部分において、柱以外に杉材を用いた場合、薬剤処理は必須となるのですか?

  • 木造の基礎の劣化対策については、RC造の条項(水セメント比規定orかぶり規定)が適用されるのでしょうか?

  • 認定申請の流れでの日数の目安を知りたいのですが?

  • 狭小地における木造3階建て住宅の認定は、可能でしょうか?

  • 軒の出がない場合、劣化対策等級は大丈夫でしょうか?

  • 住戸面積で、少なくとも1の階の床面積が40u以上であることとありますが、1の階とは1階の床面積ですか?

  • 維持保全計画について、法律で30年以上の計画となっていますが、屋根材について主な点検項目、時期、定期的な手入れなど、参考例を教えていただきたい。建設業者が、30年間の維持保全を行うのですか?

  • 長期優良住宅の申請において、基礎の人通口の補強を指摘されました。基本となる資料はないでしょうか?

  • 定期点検の費用について、どちらが持つのですか。建築業者ですか、施主ですか?

  • 10年以内の点検とありますが、誰がいつするのですか。また建築物の主がいない場合はどうするのか。台風等後の点検の履歴の報告は、どこにするのですか?

  • ツーバイフオー工法の場合の耐震性における耐震等級(構造躯体の倒壊防止)の等級2レベルの具体的適合基準をお知らせください。構造計算は必要なのでしょうか?

  • 10年、20年の点検時、補修費用がかかりすぎ、お客様が補修しないと判断された場合は、長期優良住宅の認定は取り消されるのでしょうか?

  • 認定基準については、性能表示制度と共通する部分が多くありますが、性能表示制度を利用していれば有利な点はありますか?提出書類のうちで、性能評価書で代用できるものがあるとか。

  • 木造住宅の長期優良住宅認定基準について、樹種や合板についての耐朽性・耐蟻性の差や使用環境による差があると思います。特に、集成材や合板の接着剤で、イソシアネート系とレゾルミノール系では長期に考えた場合、性能の差は明らかだと思う。鉄骨の防錆処理は細かい基準を設定していますが、木造の場合は、樹種や性能に細かな基準を設けていないのは何故でしょうか?

  • ハウスメーカーのような規格型商品の場合、長期優良のための型式認定システムはあるのでしょうか?

  • 住宅ローン減税の時に使う「長期優良住宅認定通知書」とはどういうものですか?いつ誰が申請し、いつ、誰あてに送られてくるのでしょうか?

  • バリアフリー・可変性は、共同住宅・長屋のみとありますが、1戸建は基準を満たす必要がないのでしょうか?

  • 維持管理・更新の容易性
    維持管理対策等級3の具体例について、外部のGLの下に排水管を抜くために、ベタ基礎のコンクリートの中を通してよいでしょうか?

  • 浴室については、JIS A4416に規定する浴室ユニットとする(テキストp87)の証明書は提出しなければいけないのでしょうか?

  • 省エネ基準で、断熱構造とする部分(テキストp93)が表示されていますが、浴室ユニットのフロア下部、壁、天井に断熱材は必要ですか?

  • 構造躯体等の劣化対策で、木造の場合は床下空間の有効高さを330mm 以上とのことですが、一方、基礎高40センチ以上(p84)とも書かれていますが、正しい寸法はどこを示すのですか?

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ