住宅すまいWEB
ホーム / マイホーム取得に過去最大のチャンス到来 / 【CHANCE 2】「長期優良住宅への支援策」の創設

「長期優良住宅への支援策」の創設

  • 長期優良住宅とは、住宅を長期にわたり良好な状態で使用するために必要な基準を満たす住宅として国が認定するものです。長期優良住宅の認定を受けた住宅は、一般住宅とは別に多くの税制支援策や融資に関する金利支援策があります。
  • 住宅ローン減税
  • 長期優良住宅は、一般住宅に比べてローン残高限度額、控除率、最大控除額が拡充され、減税効果が高くなっています。
  • 住宅ローン減税
  • 【事例】 ローン減税比較
  • 妻・子2人(1人は特定扶養親族)、年収800万円。 住宅ローン3,000万円、金利年3.0%、返済期間30年元利均等返済の場合(平成21年1月から返済開始)
    ※年収・家族構成等諸条件を一定とした場合の試算です
  • ローン減税額比較(イメージ)

  • ローン減税額正誤表
  •  
  •  
  • 投資型減税
  • 自己資金で建築した場合でも、要件を満たし、長期優良住宅の認定を受ければ所得税の特別控除を受けることができます。また、その年に控除しきれない場合は、翌年分の所得税から控除されます。
    (平成23年12月31日までの入居が条件となります)
  • 投資型減税(イメージ)

  • 【事例】 投資型減税の具体例
  • 妻・子2人、年収800万円。
    木造の長期優良住宅140uを取得した場合〔 所得税:260,500円 〕
  • 投資型減税の具体例(イメージ)

  •  
  •  
  • 登録免許税・不動産取得税・固定資産税
  • 一般住宅に比べて、登録免許税・不動産取得税・固定資産税が軽減されます。
  • 登録免許税・不動産取得税・固定資産税(イメージ)

  • 住宅金融支援機構では、長期優良住宅を対象とする2つの金利支援策『フラット35S』『フラット50』が創設されました。
    詳しくは、住宅金融支援機構へお問い合せください。
  •  
  • 長期優良住宅に対する税の特例(国土交通省)
  • フラット35S
  • フラット50
  •  

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ

 

  • マイホーム取得に過去最大のチャンス到来!

  • 過去最高水準の「住宅ローン減税」

  • 「長期優良住宅への支援策」の創設

  • 「贈与税の非課税特例」が創設

  • 「太陽光発電等への支援策」の拡充

  •  
  •  
  •  
  •  
  • 営業支援PDFリーフレット

  • 営業支援PDFリーフレット