住宅すまいWEB
ホーム / マイホーム取得に過去最大のチャンス到来 / 【CHANCE 4】「太陽光発電等への支援策」の拡充

「太陽光発電等への支援策」の拡充

  • 太陽光発電や燃料電池等を導入した時に国や地方自治体から補助金を受けることができます。 また、太陽光発電や燃料電池で発電して余った電力を電力会社に売ることができる制度があります。
  • 導入時
  • 国や地方からの補助金、住宅金融支援機構からの融資
  •  
  •  
  • 設置後
  • 平成21年11月1日より「太陽光発電の新たな買取制度」がスタートし、10年間にわたり、家庭で余った電力を 1kW あたり48円で電力会社に売ることができるようになります。
  • ローン減税額比較(イメージ)

  • 【事例】 月平均光熱費軽減例
  • 中部地区の4.3kwシステムで太陽光発電+オール電化を設置した場合での一例です。
    ※太陽光発電システムの大きさ、設置 条件、地域、時期、オール電化などの諸条件により金額は異なります。
    ※売電価格を1kwあたり24円で計算したものを、1kwあたり48円に換算しております。
  • 月平均光熱費軽減例(イメージ)

  •  
  •  

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ

 

  • マイホーム取得に過去最大のチャンス到来!

  • 過去最高水準の「住宅ローン減税」

  • 「長期優良住宅への支援策」の創設

  • 「贈与税の非課税特例」が創設

  • 「太陽光発電等への支援策」の拡充

  •  
  •  
  •  
  •  
  • 営業支援PDFリーフレット

  • 営業支援PDFリーフレット