住宅すまいWEB
ホーム / ニュースリリース
ニュースリリース
  • 「ヒューマンエラー防止対策ガイドブック(低層住宅建築工事)」発表
  • 社団法人住宅生産団体連合会(会長:樋口 武男 大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長)では、かねてより建設現場の労働災害防止活動に取組んでいますが、この度、独立行政法人労働安全衛生総合研究所(理事長:前田 豊)と共同で「ヒューマンエラー防止対策ガイドブック(低層住宅建築工事)」を作成しましたので発表します。これは、昨年 共同策定した「リスクマネジメント推進アクションプログラム」における具体的方策のひとつ「ヒューマンエラー防止対策」をガイドブックとして取りまとめたもので、今後の職長研修などに利用し建設現場の労働災害防止に広く役立てようとするものです。概要については以下のとおりです。
  • 1. 労働災害とヒューマンエラー
  • 労働災害にはヒューマンエラーが大きく関わっている。ヒューマンエラーの原因となる人間の特性には@無知・未経験 A危険軽視・慣れ B不注意 C連絡不足 D集団欠陥 E近道省略行動本能 F場面行動本能 Gパニック H錯覚 I高齢者の心身機能低下 J疲労等 K単調作業による意識低下、があることを理解しておく必要がある。
  • 2. 労働災害のヒューマンエラー分析
  • 低層住宅建築工事労働災害をヒューマンエラー原因の多い順に並べると @危険軽視(37.9%) A不注意(21.8%) B近道・省略行動本能(10.1%) C無知・未経験(7.8%)D高齢者の心身機能低下(5.4%)となっている。
  • 3. ヒューマンエラー対策の考え方
  • ヒューマンエラー対策には次のふたつの考え方が基本になる。@ヒューマンエラーが発生したとしても労働災害につながらない対策 Aヒューマンエラーの発生を抑制する対策
  • 4. 三大災害とヒューマンエラー対策
  • 低層住宅建築工事の労働災害(4日以上)の約8割を占める三大災害〔墜落・転落災害〕〔切れ・こすれ災害〕〔転倒災害〕についてヒューマンエラー対策の考え方を基に具体的取り組みを提示。
  • 5.その他、ヒューマンエラー防止のための心得と法に基づく作業者の義務について掲載。
  •  
  • 平成22年7月9日

  •  
  • 社団法人 住宅生産団体連合会
    専務理事 佐々木 宏

  •  
  • この資料についてのお問合せ
    広報部長;矢部 徹  (担当)環境安全部長;亀田 傑   TEL 03-3592-6441

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ