住宅すまいWEB
ホーム / 住団連からの提言・活動報告 / 調査結果の公表 / 経営者の住宅景況感調査 / 平成29年10月度の報告
経営者の住宅景況感調査報告
  • 平成29年10月度 経営者の住宅景況感調査報告
  • 戸建の受注金額は対前年比プラスを継続、低層賃貸賃貸は連続のマイナス
  •  一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長 和田勇 積水ハウス株式会社 代表取締役会長兼CEO)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。
    このほど、平成29年10月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。
  • Ⅰ. 景況判断指数
  • Ⅱ. 新設住宅着工戸数の予測
  • Ⅲ. 住宅メーカーの経営指標について
  • 以上

  • 平成29年10月30日

 

 

経営者の住宅景況感調査一覧へ

このページの先頭へ