住宅すまいWEB
ホーム / 住団連からの提言・活動報告 / 住宅と消費税 /住宅と消費税に関する論文
住宅と消費税

「今後の土地住宅税制のあり方に関するとりまとめ」

  • 2007年5月9日、社団法人住宅宅地建物取引協議会連合会において、記者会見が開かれ、「今後の土地住宅税制のあり方に関するとりまとめ」が発表されました。今後の土地住宅税制のあり方に関する研究会 (座長 山崎福寿 上智大学経済学部教授) にて検討されたもので、長期の資産デフレを経てわが国の土地住宅市場が転換点を迎える中で、住宅の消費税を含めた土地住宅税制の抜本的見直しの必要性が述べられています。その中で、特に現行の住宅に対する消費税の問題点 (住宅取得時一括前倒し払い、既存住宅の課税、重複課税の排除など) や今後の増税等に対する論点整理が行われています。本文は、下記の全宅連ホームページをご覧ください。
  • 論文 (全国宅地建物取引業協会連合会)

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ