住宅すまいWEB
ホーム / 住団連からの提言・活動報告 / 住宅と消費税 /住宅と消費税に関する論文
住宅と消費税

「消費税率アップと住宅への課税について」−EU各国等の取り扱いからみた考察−

  • ニッセイ基礎研REPORT2006.10において、社会研究部門上席主任研究員 篠原二三夫氏の論文が掲載されている。 (引用) ポスト小泉政権の重要課題に財政再建がある。消費税率アップは回避できないとしても、住宅に対する軽減税率などの導入については、EU等各国の事例を参考に、わが国も適切な配慮を行うべきである。
  • 論文 (ニッセイ基礎研究所) PDF

 

 

前のページへ戻る

このページの先頭へ