住宅すまいWEB
ホーム / 社会保険加入促進計画
社会保険加入促進計画について

(一社)住宅生産団体連合会

社会保険への加入は、法令により義務づけられており、また、技能労働者の処遇改善にもつながります。
従って、住宅生産団体連合会は、

  • ①元請企業としての責務を果たすべく、住団連の会員団体が取り組むべき対策
  • ②住団連会員団体の会員企業(以下「会員企業」)が実施すべき対策

を取り決め、その推進を図っていきます。

なお、国土交通省は、平成29年を目途に建設業許可業者の加入率100%を目指すことを目標に以下1〜4の取組を実施する旨を公表しています。

1.建設業担当部局は、建設業の許可・更新時に健康保険等の加入状況を確認し、社会保険未加入企業に対して、文書により加入を指導する。
当該指導に従わない場合には厚生労働省の社会保険担当部局に通報する。

2.経営事項審査の厳格化
経営事項審査の項目区分「健康保険及び厚生年金保険」を分割するとともに、保険未加入の場合の減点幅を拡大する。

3.建設業担当部局による指導監督
建設業担当部局において、営業所及び建設工事現場への立入検査等を行い、社会保険未加入企業に対し、文書により加入を指導する。
当該指導に従わない場合には厚生労働省の社会保険担当部局に通報する。
厚生労働省の社会保険担当部局に通報した社会保険未加入企業で、社会保険担当部局の指示に従わない悪質な社会保険未加入企業に対して、建設業法に基づき他の法令に違反した企業として、指導又は監督処分を行う。
建設業担当部局は、建設業の許可・更新申請書、施工体制台帳、経営事項審査申請書の社会保険に係る事項に虚偽の記載等があった場合、建設業法に基づく指導又は監督処分を行う。

4.社会保険担当部局(厚生労働省)との連携
1及び3により指導してもなお社会保険未加入の企業について、保険担当部局に通報する。
保険担当部局から加入勧奨や指導を行い、これに従わない場合には強制加入手続を行う場合がある。

以上

国土交通省

参考

 

 

このページの先頭へ