住宅業況調査

過去の調査報告一覧

年別検索:

平成30年(2018年)

戸建注文は若干の回復基調

戸建の集客は回復傾向、賃貸受注の落込みも緩み始める

来場数、引き合い件数共に戸建の伸び率が鈍化

平成29年(2017年)

戸建は受注落とすも、引き合いは増加 賃貸は厳しい状況が続く

戸建受注は回復、賃貸は連続で減少

戸建受注は回復、賃貸は連続で減少

平成28年(2016年)

戸建は引き合い数が回復、賃貸実績はマイナスに転じる

戸建注文住宅プラス受注を継続、低層賃貸住宅もプラスに転じる

戸建は微増、低層賃貸は微減、顧客のマインドは停滞感が伺える

戸建注文住宅 総受注棟数は回復、金額も上向きに!

平成27年(2015年)

戸建注文住宅 対前期比 総受注棟数、金額ともに減少!

総受注棟数プラス転換も今後の消費者の購入意欲に懸念

戸建注文住宅は棟数マイナス、金額プラス、低層賃貸住宅は、ともにプラスが継続

戸建て注文住宅はプラス回復、低層賃貸住宅はプラスが継続中!

平成26年(2014年)

戸建て注文住宅は総受注棟数・金額ともにマイナスに転落。

低層賃貸住宅は総受注戸数・金額ともにプラスを維持!

戸建て注文住宅・低層賃貸住宅ともに、前期のマイナスからプラスに回復!

戸建て注文住宅は受注棟数・金額ともにマイナス、低層賃貸住宅は受注戸数がマイナスに転落!

戸建注文住宅・低層賃貸住宅両部門ともに、受注棟数・金額ともプラスに!

平成25年(2013年)

戸建注文・低層賃貸住宅両部門ともに受注棟数・受注金額が前期比マイナスに転落!

戸建注文・低層賃貸住宅両部門の受注棟数・金額ともに大幅なプラスに!

「戸建注文住宅」総受注棟数・金額ともに前期に引き続きプラスに、「低層賃貸住宅」も総受注戸数・金額ともに6期連続でプラスが継続!

「戸建注文住宅」・「低層賃貸住宅」両部門とも、受注戸数・金額ともにプラスに!

平成24年(2012年)

戸建注文は受注金額はプラスが継続も、受注棟数はマイナスに転落、低層賃貸は受注戸数・金額ともにプラスが継続!

戸建て注文住宅、低層賃貸住宅ともに前期比大幅プラスに!

戸建住宅は受注金額はプラスを維持も、受注棟数はマイナスに、

賃貸住宅は受注戸数・金額ともにプラスが連続!

戸建注文住宅は受注戸数・金額ともにプラスに回復、低層賃貸住宅もともにプラスに!

平成23年(2011年)

戸建注文住宅は受注棟数・金額ともにマイナスに転落、低層賃貸住宅も受注戸数はマイナスに!

戸建注文住宅・低層賃貸住宅共に好調を維持!

戸建注文住宅、低層賃貸住宅ともに継続してプラスを維持!

平成22年(2010年)

戸建注文の総受注棟数がマイナスに転落、低層賃貸は 戸数・金額ともにマイナスが継続!

戸建て注文住宅はプラスを継続するも、賃貸住宅は3期ぶりにマイナスに転落!

戸建注文住宅、低層賃貸住宅の両部門とも、受注戸数・金額ともに2期連続プラスが継続!

低層賃貸住宅が受注戸数・金額ともに6四半期ぶりにプラスに回復、戸建注文住宅もプラスに回復!

平成21年(2009年)

戸建注文住宅は4期ぶりにマイナスに、低層賃貸住宅は5期マイナスが継続!

戸建注文住宅受注棟数は3期連続でプラス堅持も、金額は4期続けてマイナスが継続!

低層賃貸住宅は戸数・金額ともに4期続けてマイナスが継続!

戸建注文の受注棟数は2期連続プラス堅持、賃貸は戸数・金額ともにマイナスが継続!

戸建注文住宅総受注戸数はプラスに回復したが、受注金額はマイナス。

低層賃貸住宅は総受注戸数・金額共にマイナスが継続!

平成20年(2008年)

市場の急激な悪化を反映し、戸建注文、低層賃貸ともに大幅なマイナス!

総受注金額はプラス回復も、総受注棟数は2期続いてマイナスに!

住宅業況調査 追加アンケート

戸建注文住宅、低層賃貸住宅共に、受注棟数・金額がマイナスに反落!

戸建注文住宅、低層賃貸住宅共に、受注棟数・金額がプラスに回復!

平成19年(2007年)

戸建注文・低層賃貸住宅ともにマイナスに転落、戸建注文の床面積に狭小傾向!

戸建・賃貸住宅ともに、プラスに回復、受注床面積もプラス基調!

前期の反動か、戸建注文・賃貸住宅ともにマイナスに転落!

戸建注文、低層賃貸住宅 共にプラスに回復!

PAGE TOP